読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑めも

私は警察に行きたかった

まだ通学路は覚えたてで、決まった道しかわからなかった。通学路には地下道があった。車はあまり通らない地下道だった。私はクラスメイトと別れ、自転車に乗って家へと向かっていた。通学路でもあった郵便局の前を横切ると、茶色い髪をした若い男が黄色のス…